ねこまた日記

ねこまたが2chで気になった記事を紹介していきます!!

このページ内の記事タイトルリスト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    posted at --:-- | スポンサー広告
1 :出世ウホφ ★:2008/01/18(金) 16:12:30 ID:???0
1月18日 AFP】(一部更新)南極海で日本の調査捕鯨船に対し反捕鯨運動を行っている
米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society)」は18日、
拘束されていたメンバー2人が帰還次第、妨害活動を再開すると発表した。

同団体のキム・マッコイ(Kim McCoy)氏はオーストラリア放送協会
(Australian Broadcasting Corporation)に対し、「2人が船に帰還したら、
われわれがここに来た目的である国際保護法の順守を求める活動を再開する」
「至急活動を再開し、日本の捕鯨船による違法行為に介入するのがわれわれの急務だ」などと語った。

同団体のオーストラリア人のベンジャミン・ポッツ(Benjamin Potts)氏(28)と英国人の
ジャイルズ・レーン(Giles Lane)氏(25)は15日、調査活動を妨害する目的で
第2勇新丸(Yushin Maru No 2)に侵入し、2日間身柄を拘束されていた。

■「海に投げ落とされそうになった」、活動家ら主張
17日夜、豪巡視船「オーシャニック・バイキング(Oceanic Viking)」に身柄を引き渡され、
18日に「シー・シェパード」の船に戻ったポッツ氏は、豪ラジオ局フェアファクス(Fairfax Radio Network)のインタビューに応じ、第2勇新丸の乗務員が自分たちを海に投げ落とそうとしたなどと語った。

同氏の主張によると、「2人の男がわたしを肩に担ぎ上げ、(クジラの)射撃手がわたしの
両足を持って海に落とそうとした」。
ポッツ氏が手すりにつかまって抵抗したところ
「手を蹴られた」が、海に落とされるのは免れたと話している。
また、自分たちの身柄引き渡しに関して2人は交渉にほとんど参加できず、
状況は「最小限の英語しか話せない人物を通して少しずつ知らされた」。
「解放されるまで暗い場所に閉じこめられていた」「われわれの船やオーストラリア、
英国両政府と連絡することは認められなかった」
などとも語った。

日本側は、2人は不法侵入者にも関わらず丁重に扱われたとしている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2337917/2532048
[Read More >>]
スポンサーサイト
    posted at 19:25 | 捕鯨問題 | TB(0) | CM(5)
プロフィール

ねこまたmaster

Author:ねこまたmaster
千葉で大学生やってます。プロレスや競馬といったスポ-ツ、特撮が大好きです。
よろしくお願いします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ランキング

ブログ内検索

RSSフィード
お気に入りサイト
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。